行政書士の主な仕事は、役所に提出する複雑な内容の書類を作成することです。このうち許可・認可に関する書類がほとんどを占めています。その中でも建設業許可申請など建設業に関する各種申請や届出等が一番多くあります。

一定規模以上の建設業を営む場合は、都道府県知事又は国土交通大臣の許可が必要です。また、一般建設業と特定建設業の区別があり、元請として工事を請負、一定金額以上下請契約を締結して工事を施工する場合には、特定建設業の許可が必要になります。

行政書士は、建設業の許可の要否や許可条件を満たしているか否かの判断をし、必要な書類を作成及び代理申請を行います。

建設業許可申請(個人・新規)知事     100,000円

建設業許可申請(個人・更新)知事      50,000円

建設業許可申請(法人・新規)知事     150,000円

建設業許可申請(法人・新規)大臣     150,000円

建設業許可申請(法人・更新)知事      54,000円

建設業許可申請(法人・更新)大臣     100,000円