インド旅行(ジャイプル~ボンベイ編)最終話

約2時間、そのカフェテリアにいると、インド人の団体がやって来て、カフェテリアは、人でいっぱいになってしまった。せっかく自分だけの世界に浸っていたのにと残念に思いながら、カフェテリアを出て、今度は、市街が見渡せる広場に行き、また、本を読んでいたら、インド人の少女三人が、はしゃぎながら近づいてきた。おそらく、16~17才くらいだろうか?私が、彼女達に笑いかけると、彼女の内の一人が、私が、読んでいた本をのぞき込んできた。私が「ジャパニーズ ブック」と言うと、彼女は、理解しているのか分からなかったが、笑っていた。私は、彼女達が、カメラを持っているなら、取ってくれと言っているように思えたので、一枚写真を取りカメラを渡した。すると、彼女達は、勝手に自分たちだけで何枚も写真を取り遊び始めた。まったく無邪気である。私も写ろうとすると、手でダメだと言った。彼女達は、まったく英語が話せないらしく、ヒィンディー語で話しかけられたが、なんとか身振り手振りでコミュニケーションをとった。

しばらくして、ネパール人と思われる三人組がやって来たので、彼女達は、その場から離れていった。その後、午後4時近くになったので、私も丘を降りることにした。まゆみさんにもう一度会い、お礼を言おうと彼女のホテルに2時間くらい掛けて行ってみたが、彼女は居なかった。その後、市場でバナナとゆで卵2つ、パンを食べていると、昨日の客引きのインド人が近づいてきたため、けいこさんの部屋に行き、彼女としばらく話しをする。午後8時近くになったが、最後にどうしてもまゆみさんに会い、お金を貸してくれたお礼を言いたかったため、彼女のホテルに向かった。彼女は居たが、インド人の友人らしき人が居たため、あまり話ができず、お礼だけを言って彼女とは別れた。

ボンベイへ向かうバスの中は快適だった。冷房が効いており、シートも硬くない。ボンベイは、物価が高いと聞いていたが本当のようだ。インドは、北部より南部が発展しているのではないだろうか?現在の所持金は、たったの12ルピーと非常用の1万円札だけだ。できるだけ1万円札は使いたくない。今日食べたものは、バナナ4~5本、卵2個、パン3切れだけである。ただ、空腹感はそれほど無く、体の調子は良い。

ボンベイへの経由地ウダイプルに朝5時に着く。外はまだ薄暗い。昨夜は、隣の席のインド人のイビキのせいであまり寝られなかった。バススタンド近くの食堂でチャイを飲む。午前8時近くになり、外が明るくなったので食堂を出て、バスオフィスに行く。オフィスでチケットを見せ、今日のボンベイ行きの時刻を聞くと、午後4時という事だった。お金も無く、時間だけを持て余す。あと7時間もどうしたものか?と思い、オフィスに荷物を預け、市街をぶらぶらしてみることにした。駅の方角に向かっているつもりが、どうやら、反対の郊外の畑に出てしまったらしい。ちょうど横になるのに良い石段があったので、しばらくそこで横になって寝た。1時間ぐらいしただろうか?人がやって来る気配がしたので起きる。相手は、どうしてこんなところで寝ているのだろう?という顔をしていたので、私は、取り繕うために駅への行き方を聞いた。その後、駅には向かわず、明日が日曜日で銀行が閉まっている事に気づいたため、BANK OF INDIAに行き、仕方なく非常用の1万円を崩し、一部を80ルピーに交換した。それからしばらく公園で寝ていた。そして、午後3時になったので、朝訪れた食堂に行き、チャイを飲むことにした。午後4時、バスオフィスに行き、午後4時半バスに乗り、ウダイプルを出発した。

朝10時、バスは、ボンベイ・セントラル駅に近い州交通バス・ターミナルに到着する。まずは、チャーチゲイト駅近くのインフォメーションに行くことにした。チャーチゲイト駅は、フォート地区の西側にあり、周囲には1級、中級、それからバックパッカー向きの経済的なホテルが多く、味の良いレストランも多い。インフォメーションには着いたが、今日が、日曜日のためか?閉まっていた。仕方がないので、インド門近くに行き、客引きにサルベーション・アーミーのホテルの場所を聞き、行ってみるが、ドミトリーで35ルピーだった為、その客引きが、安いと言っていたホテル(ドミトリーで25ルピー)に行ってみることにする。お世辞にもきれいな部屋ではなかったが、お金が無いので仕方なくチェックインする。荷物を置き、まず、少し寝た後、シャワーを浴びた。その後、日本人が、多く集まるというインド門に行ってみたが、日本人に会うことはなかった。

ボンベイの印象は、デリーよりも高層ビルが多く、まるでパリの郊外に来たみたいだった。ボンベイはインドであってインドでないように感じる。人々の表情は、穏やかでカルカッタとは違い、気を張っていなければならないということはない。その反面、カルカッタなどと違い、刺激がなく、面白味に欠けると言うことができる。故に、ボンベイは「良い」と言う人と「悪い」と言う人に分かれると聞くが納得である。

インド門近くをぶらぶらした後、疲れたのでホテルに帰りしばらく寝ることにする。起きたのは、午後8時に近かった。起きると、アメリカ人とドイツ人の二人が、部屋に居ることに気づいた。しばらくの間、彼らと話をしてみる。この旅行で、アメリカ人と話すのは、初めてだった。彼は、38才、トラックの運転手であり、如何にもアメリカ人と言った訛りのある英語を話す。インド旅行は、4日目で日が浅いにもかかわらず、その威圧感は、私もタジタジになってしまった。英語が、かなり聞き取りにくいせいもあるが、ドイツ人の方は、彼にまったく押されっぱなしである。ここに、世界№1のアメリカの強さと、ヨーロッパ人がアメリカを嫌う理由が垣間見られた。

私が、世界を旅して感じたことは、アメリカは名実ともに世界で№1である。№2は日本、次はドイツだろう。これは、私が、世界を見聞きして肌で感じたことだ。(当時中国が、今ほど発展するとは考えられなかった)私は、どちらかと言えば、アメリカ人よりヨーロッパ人の方が好きだ。まあこれは、そう決めつけるのは良くないが、今まで旅先で彼らと接してきた中で感じたことだ。

しばらく彼らと話した後、腹が減って来たので、外に出てトマト、バナナとゆで卵2個を買う。これが、今日の晩飯だ。全部で8ルピー(日本円で240円)量の割にはとても安いと言える。レストランなどで食べるよりははるかにうまい。ブラックマーケットで2,000円を替え170ルピーを受け取る。1,000円までで何とか抑えたかったが、エアポートタックスが、100ルピーと聞いて替えた。明日は、なんとかトラベラーズチェックを再発行してもらい、現金を手にしてホテルを変わろうと思う。何だかベッドにダニがいるみたいなので・・・。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

行政書士1年生奮闘記